尾張の伝統野菜

宮重大根 【みやしげだいこん】

青首大根のルーツとされる、
一度消失した幻の大根。

主な栽培地
愛知県清須市春日宮重町
栽培の起源
江戸時代

八事五寸人参 【やごとごすんにんじん】

甘く、風味がよいことで評判を呼んだ。
人参嫌いなお子様にもおすすめの品種。

主な栽培地
愛知県名古屋市天白区
栽培の起源
大正8年

木之山五寸人参 【このやまごすんにんじん】

芯まで赤くて柔らかい人参。
柔らかいことで裂根が多く発生し、栽培が難しい。

主な栽培地
愛知県大府市木之山地区
栽培の起源
大正時代

養父早生たまねぎ 【やぶわせたまねぎ】

種子の確保が非常に困難。
甘みの強い美味しいたまねぎ。

主な栽培地
愛知県東海市、知多市
栽培の起源
昭和20年頃

愛知縮緬かぼちゃ 【あいちちりめんかぼちゃ】

県内の料亭等でも使われていた、
あっさりと上品な味わいのかぼちゃ。

主な栽培地
愛知県海部群大治町、大府市
栽培の起源
昭和7年

青大きゅうり 【あおだいきゅうり】

大きい物だと1kgを上回る大型。
生はもちろん、火を通しても美味しいきゅうり。

主な栽培地
愛知県 尾張地域
栽培の起源
昭和戦前

二ツ寺大根 【ふたつでらだいこん】

集落中の他品種大根を全て引き抜き
交雑から守られていたと伝わる、「方領大根」の早生品種。

主な栽培地
愛知県あま市二ツ寺
栽培の起源
明治時代

かりもり 【かりもり】

漬け物の神様が祀られる萱津神社の
「香の物祭」でも納められる、漬け物にぴったりの瓜。

主な栽培地
愛知県清洲市、大口町
栽培の起源
明治時代

方領大根 【ほうりょうだいこん】

尾張徳川候も認めた、
練馬大根や桜島大根の祖先ともいわれる大根。

主な栽培地
愛知県あま市甚目寺
栽培の起源
江戸時代

大高菜 【おおだかな】

大高でしか作れない味わい。
独特の芳香とほろ苦い風味が魅力のつけ菜。

主な栽培地
愛知県名古屋市緑区大高地区
栽培の起源
江戸時代

尾張大かぶ 【おわりおおかぶ】

「天王寺かぶら」や「聖護院かぶら」系統の特徴を持つ、
古くから栽培されているかぶ。

主な栽培地
愛知県あま市甚目寺・大治町周辺
栽培の起源
「尾張大かぶ」として栽培されるようになったのは明治時代

愛知本長ナス 【あいちほんながなす】

地元農家で自家用として作られている
食味のいい品種。

主な栽培地
愛知県あま市
栽培の起源
昭和10年頃